自民 市長選に元市議擁立 大阪ダブル選 構図固まる

カテゴリ:国内

大阪の知事・市長ダブル選挙で、自民党が市長選挙への擁立を決めた元市議会議員が、安倍首相らの激励を受けた。

4月7日の大阪市長選挙に、自民党は元大阪市議・柳本顕氏の擁立を決め、15日、東京で安倍首相や二階幹事長が面会した。

柳本顕元大阪市議は、「(安倍首相からは)国でも自公、地方でも自公という形で政治的な基盤を作っていくべく頑張るようにとげきを飛ばしていただいた」と話した。

自民党は、知事選挙に元副知事の小西禎一氏を擁立し、公明党が推薦を決めている。

松井一郎知事は、「われわれから言うと、完全に公明党さんにだまされている」と話した。

知事選挙には、吉村洋文市長が、市長選挙には松井一郎知事が、出馬を表明していて、維新と反維新、双方の顔ぶれが出そろった。

(関西テレビ)