“NYマフィア”ボス射殺

カテゴリ:ワールド

アメリカ・ニューヨークでかつて大きな勢力を誇った、イタリア系マフィアのボスが殺害された。

ニューヨークのイタリア系マフィア「ガンビーノ・ファミリー」の“ボス”とされる、フランチェスコ・カリ氏(53)が、13日夜、自宅前で何者かに銃で撃たれ、死亡した。

ニューヨークでは、1900年代初頭からイタリア系マフィアによる抗争が相次いでいたが、最近は大きく報じられることはなかった。

カリ氏は、少なくとも6カ所撃たれ、その後トラックにひかれ死亡、トラックは逃走したとの目撃情報があり、警察が犯人の行方を追っている。