児童ポルノ“製造”で逮捕

カテゴリ:国内

高校2年の女子生徒をわいせつ動画のモデルとして勧誘し、児童ポルノを製造した疑いで、39歳の男が逮捕された。

職業安定法違反などの疑いで逮捕された、動画販売業の須田豊明容疑者(39)は2017年7月、当時高校2年の女子生徒(当時16)をモデルとして勧誘したうえ、児童ポルノ画像を撮影し、製造した疑いが持たれている。

警察によると、須田容疑者は、ツイッターなどSNSで勧誘し、13歳から17歳の女の子をモデルにしていた。

調べに対し、須田容疑者は「18歳以上だった。撮ったのも下着ではなく水着だった」と容疑を否認している。