五輪スタッフに“助っ人”2台のロボット導入を発表

カテゴリ:国内

東京2020大会で、運営スタッフにロボットが仲間入りする。

大会組織委員会は、2台のロボットを導入することを発表した。

トヨタ製の生活支援ロボットは、センサーで周囲を認識しながら、車いす利用者を誘導したり、アームを使って商品などを手渡すなどして観戦をサポートする。

また、パナソニック製のパワーアシストスーツは、荷物を運ぶ大会運営スタッフが装着することで、腰などへの負担が10%から40%程度軽減されるという。

組織委は、東京都や国などとも連携して、空港や駅、ホテルなど競技場以外にもロボットを導入することを検討するとしている。