五輪中の“終電”延長へ

カテゴリ:国内

東京都は、2020年東京オリンピックの期間中、都心部の山手線や地下鉄の終電を延長し、午前2時すぎまで運行すると発表した。

東京オリンピックでは、江東区の「有明アリーナ」でのバレーボールの終了時間が午後11時半になるなど、8会場で、競技が午後11時以降に終了する。

都と大会組織委員会は、観戦客の帰宅方法を確保するため、鉄道事業者19社と協議し、8会場の周辺駅の終電を延長するほか、都心部のJR山手線や地下鉄を午前2時すぎまで運行し、郊外への路線も30分から90分終電を繰り下げると発表した。

具体的な運行時間は、2020年春ごろに決定する方針。