李首相「米と互いに利益を」 全人代閉幕で

カテゴリ:ワールド

中国の国会にあたる全人代(全国人民代表大会)が、15日午前、閉幕した。

李克強首相は会見で、アメリカとの貿易協議について、「お互いに利益をもたらすことを望む」と訴えた。

全人代閉幕後の記者会見で李首相は、貿易戦争をめぐるアメリカとの関係について、「(米中貿易協議について)われわれは、協議で成果をあげて、相互に利益をもたらすことを望む」と述べたほか、「安定した関係を保つことは、双方だけでなく世界にも利益がある」と指摘した。

一方、全人代は、外国企業の技術を中国側に強制移転させることを禁じた外商投資法を可決し、アメリカに配慮する姿勢を見せた。

また、2019年の経済成長率目標を6%から6.5%とした政府活動報告などを承認し閉幕した。