“オバマ再来”旋風起こすか ベト・オルーク氏

カテゴリ:ワールド

トランプ大統領が早くもけん制する、このベト・オルーク氏。

「オバマ氏の再来」とも言われるゆえんにフォーカスします。

オルーク氏は、現在46歳。

47歳で大統領に就任したオバマ前大統領に年齢も近く、演説のうまさで聴衆を巻き込むその姿は、「ロックスターのようだ」といわれ、若手のホープとして期待されている。

さらに、長身と甘いマスクで注目され、アメリカを代表するファッション誌の1つ「バニティ・フェア」では、特集記事が組まれたほどで、その人気ぶりがうかがえる。

さらに、こんな姿も。

自身のフェイスブックに、スケートボードを乗りこなす姿をアップするなど、ソーシャルメディアを駆使して、若者からの支持も広げている。

そんなオルーク氏だが、ずばり、トランプ大統領と戦った場合に勝てるのか。

フジテレビの風間晋解説委員は、オルーク氏の地元・テキサス州の動向に注目する。

というのも、テキサスはライバル・共和党の牙城であるにもかかわらず、すでにオルーク氏はその強さを見せているから。

2018年の中間選挙で、オルーク氏の得票率は48.3%となっているが、これは過去の民主党大統領候補・オバマ氏の41.4%、そしてヒラリー氏の43.2%をも上回っている。

テキサス州でライバル・共和党を相手に半数近くまで迫った得票は、異例の強さといえ、オルーク氏がテキサス州で勝利すれば、大統領選を制するのは間違いないとしている。