「外科医になりたい」ジャガー横田さん長男・大維志君受験合格

カテゴリ:芸能スポーツ

「話題.com」。

ジャガー横田さん(57)と息子・大維志君(12)が、仲良くイベントに登場。

大変だった中学校受験について語った。

ジャガー横田さん「受験は、家族みんなで戦ったものですから。人生の勉強になったし、絆もできましたし。大維志が大人になってくれたなと、うれしく思います」

息子・大維志君の中学受験を「家族みんなで戦った」と振り返った、プロレスラーのジャガー横田さん。

ジャガーさんといえば、医師の木下博勝さんにリング上でプロポーズされ、医師とプロレスラーという異色の夫婦が誕生。

そして結婚から2年後、息子・大維志君が誕生した。

そんな大維志君も12歳になり、ホワイトデーの3月14日、漂白剤のPRイベントに母親のジャガーさんとともに登場し、憧れの白衣をプレゼントされた。

木下大維志君「(将来的にはお医者さんに?)外科医になりたい」

父に憧れ、将来は医師になりたいという大維志君は、中学受験に挑戦。

第1志望の学校には受からなかったが、受験した5校のうち、2校に見事合格。

大維志君「第1志望には受からなかったけど、今後、まだ受験はあるので、中学でくじけられない。(高校・大学でも受験に?)もしかしたらというか、絶対します」

ちなみに大維志君、お母さんが体を張ってきたプロレスラーになるのは?

大維志君「ないです。絶対ないです! ぼく、痛いの好きじゃないので」

ジャガー横田さん「痛くないように鍛えるんだよ!」

大維志君「嫌です」