ダウンロード規制拡大に反対相次ぎ...自民 著作権法改正案の提出断念

カテゴリ:国内

自民党は、漫画やアニメを無断で掲載する「海賊版」の対策を強化する著作権法改正案について、今の国会への提出を見送る方針を決めた。

自民党・古屋圭司MANGA議連会長は、「(著作権法改正案について)もう一度差し戻して、いろいろ指摘された点を党の中でじっくりと調整をして、そして再提出をする」と述べた。

自民党は13日朝、文部科学部会など関係部会の幹部らが集まり、改正案の今の国会への提出を見送り、引き続き問題点などを協議する方針を決めた。

改正案は、著作権を侵害する海賊版対策として、違法なダウンロードの規制対象を現行の音楽と映像だけでなく、漫画や写真など、全ての著作物に拡大することが大きな柱。

この規制対象の拡大をめぐっては、「ネットの利用を萎縮させる」などとして、関係団体から反対や見直しを求める声が上がっていた。