“北”サイバー攻撃で635億円盗む 仮想通貨狙う

カテゴリ:ワールド

北朝鮮がアジアの仮想通貨交換業者などにサイバー攻撃を仕掛け、2017年から2018年にかけて、日本円で総額およそ635億円を不正に獲得していたことがわかった。

国連安全保障理事会の北朝鮮制裁委員会専門家パネルが12日に公表した年次報告書によると、北朝鮮は、2017年1月から2018年9月にかけて、アジアの仮想通貨交換業者に対し、サイバー攻撃を少なくとも5回成功させ、あわせて5億7,100万ドル、日本円にして635億円を不正に獲得した。

専門家パネルは、こうしたサイバー攻撃について、制裁で資金獲得が困難になっている北朝鮮が偵察局主導で行い、「さまざまな方法で制裁逃れをしている」と指摘している。

報告書は近く、安保理に提出される。