パリから「3.11」被災者へ 寄付続ける日本人デザイナー

カテゴリ:ワールド

東日本大震災から、まもなく8年。

フランス・パリから震災で親を亡くした子どもたちに寄付を続ける、日本人のアクセサリーデザイナーを取材した。

パリにある小さなアトリエ「タンブール・パリ」。

手編みの手法で作られた繊細なアクセサリーが並べられている。

制作しているのは、2016年にフランスで「才能あるクリエーター賞」を受賞した、日本人デザイナー・原田江津子さん。

原田さんは、チャリティー活動をしていた母親の影響で、東日本大震災後にチャリティーバザーを始め、震災で親を亡くした子どもたちに毎年、売り上げの一部を寄付している。

デザイナー・原田江津子さんは、「せめてみんなと同じような教育を受けられるよう、少しでも助けになったらと(思う)。頑張ってもらいたいです」と話した。

がれきから力強く芽生える葉っぱをイメージしたアクセサリーも制作。

遠くパリから被災地へ、思いを寄せ続けている。