「ノーベル文学賞」今秋復活へ 2018年分とあわせて10月に発表

カテゴリ:ワールド

ノーベル賞の運営団体・ノーベル財団は、スキャンダルで2018年に発表が見送られた文学賞について、2019年は、2018年とあわせて2年分の受賞者を発表すると表明した。

ノーベル財団は5日、2019年10月に、2018年の分とあわせて2年分の受賞者を発表すると表明した。

文学賞は、選考主体であるスウェーデン・アカデミー会員の夫に性的暴行疑惑が浮上するなどし、2018年の受賞者発表が中止される、異例の事態となっていた。

アカデミー側が改革案として、選考委員に外部のメンバーを加えるなど、透明性を高めたことを評価したという。