【独自】「やまゆり園」事件肯定する差別的手紙 障害者施設運営法人に

カテゴリ:国内

東京・調布市の障害者施設を運営する社会福祉法人に、2016年に起きた「津久井やまゆり園」の殺傷事件を肯定する差別的な内容の手紙が届いていたことがわかり、警視庁が警戒にあたっている。

2月下旬、調布市の「社会福祉事業団」と「社会福祉協議会」に、障害者への強い偏見や差別的な表現が書かれた手紙が届いていたことがわかった。

また手紙では、2016年に神奈川・相模原市の障害者施設「津久井やまゆり園」の入所者など19人が殺害された事件を肯定する内容も書かれ、国立市の消印が押されていたという。

警視庁は、関係機関に注意を呼びかけ、警戒にあたっている。