米朝会談で拉致問題が議題に 日米首脳が電話会談

カテゴリ:国内

安倍首相は28日夜、アメリカのトランプ大統領と電話で会談し、米朝首脳会談で拉致問題が議題になったことを明らかにした。

安倍首相は「日本にとって、重要な拉致問題については、昨夜の1対1、通訳を交えての1対1の会談で、わたしの拉致問題についての考え方を(トランプ氏から)金正恩(キムジョンウン)委員長に伝えていただいた」と述べた。

電話会談後、安倍首相は、北朝鮮の非核化などで合意に至らなかったことについて、「安易な譲歩を行わず、建設的な議論を続け、具体的な行動を促すというトランプ大統領の決断を全面的に支持する」と述べ、評価した。

そのうえで、拉致問題について「首脳間で真剣な議論が行われたと聞いている」と強調するとともに、トランプ大統領が金委員長に対し、2度にわたり、拉致問題を提起したことも明らかにした。

横田早紀江さんは「これからですよね。ようやくここまで来たという感じ。わたしにとっては。長いこと、北の様子をずっと見て闘っている。生半可に、すんなりいくわけないと思っていた。今回は、前のめりにならなくてよかった」と話した。

拉致被害者家族会の飯塚繁雄代表は「今回、この機会を逃したら、駄目だと覚悟している」と話した。

飯塚繁雄代表は、「北朝鮮に惑わされずに、被害者を返せと訴え続けたい」と述べた。