北海道で震度6弱 けが3人 交通に大きな影響も

カテゴリ:国内

21日夜、北海道で発生した最大震度6弱の地震で、札幌市や苫小牧市で3人が軽いけがをした。

21日午後9時22分ごろ、北海道胆振地方中東部を震源とする地震があり、厚真町で震度6弱の強い揺れを観測したほか、むかわ町や安平町で震度5弱を観測した。

この地震で、札幌市や苫小牧市で男女3人が転倒するなどし、軽いけがをした。

JRでは、点検のため列車5本が線路上で停止し、およそ680人が数時間列車内に閉じ込められたほか、新千歳空港では、JRで移動できなくなった人が一夜を明かした。

また、地震のあと運転を見合わせていた札幌市営地下鉄は、点検を終え、午前4時ごろに運転を再開している。

(北海道文化放送)