「安倍4選」発言で“場が凍る” ポスト安倍は力不足?

カテゴリ:国内

“安倍首相の4選もあり得る”。

首相自身も出席した当選同期の会食で、ビックリ発言。

ポスト安倍をうかがう岸田氏は、一方、野田氏は思わず...。

いよいよ来週に迫った米朝首脳会談を前に、日本時間の20日夜、トランプ大統領と電話会談を行う安倍首相。

安倍首相「北朝鮮の核・ミサイル、また、何よりも重要な拉致問題解決に向け、密接に方針をすり合わせたいと思います」

20日、第2次政権発足からの連続在職日数が、吉田茂元首相に並び、歴代2位となった。

2020年8月には、1位の佐藤栄作元首相を超え、連続日数で最長政権となる見通し。

そんな中、安倍首相に、前人未到の“スーパー長期政権”となる可能性が急浮上。

18日夜、安倍首相と当選同期の議員が集まった会合で、次期総裁選をめぐって、こんなやりとりも。

安倍首相「次は出ない。次の候補は岸田さんだよね」

岸田氏「...」

野田氏「わたしもいるわよ!」

“ポスト安倍”をめぐり、岸田氏と野田氏が火花を散らす中。

林氏「まあ、4選もあり得るけどね」

浜田氏「出たよ」

3期9年の任期をさらに延ばし、安倍首相の4期目続投を示唆する発言が飛び出したという。

この発言に、次期首相の座をにらむ岸田政調会長は20日、「安倍首相4選について、今の段階で、それについてどうこう言うような材料は、わたしは持っておりません」と述べた。

自民党の党則によると、総裁任期は、もともと連続2期6年だった。

2016年8月、安倍首相は「任期の延長ということについては、全く考えておりません」と、一時は、2期で退く意向を示していた安倍首相だが、東京オリンピック・パラリンピックに向け、続投を望む声が党内で高まり、任期が最長3期9年に変更され、2018年に3選を果たした。

2018年10月30日、安倍首相は「この3年で、デフレ脱却の道筋をしっかりとつけてまいります」、「3年間集中で、災害に強い国づくり」などと述べていた中で飛び出した、まさかの4選発言。

細田派幹部「参議院選挙の結果次第では、安倍首相の4選を求める声は出てくる」

安倍首相周辺「安倍さんも、そういう気持ちが芽生えてくるかもしれない」

背景には、ロシアとの北方領土交渉や、北朝鮮との拉致問題交渉、また、憲法改正など、解決が見通せないままの諸課題がある。

そして、何よりも。

自民党議員「ポスト安倍全員が力不足ってことなんだよね。小泉進次郎に、もうやらせるというわけにはいかないでしょ」

しかし、石破派からは早速、冷ややかな声が。

石破派幹部「4選を言い出す忖度(そんたく)議員が出てくることは当然予想できたので、全然驚かない」

当の首相は、周辺に「さすがに4選はきつい。もうゆっくりしたい」と漏らしているという。