「親方として育てる弟子が楽しみ」芸能界から横綱・稀勢の里引退にねぎらいの声

  • 「日本人横綱がいなくなった」稀勢の里引退に惜しむ声
  • 落語家・立川志らく「怪我しながら優勝した姿忘れない」
  • 稀勢の里のものまね芸人「親方として育てる弟子が楽しみ」

「日本人横綱がいなくなった」稀勢の里引退に惜しむ声

横綱・稀勢の里の引退について「日本人横綱がいなくなった」「いろんな人の期待を背負っていたんだろうな」「諦めないで戦い続けてほしかった」などと惜しむ声が相次いだ。

1月16日音声番組サービスの発表会に出席したタレントの東野幸治さんも稀勢の里引退についてコメントした。

東野幸治
日本人横綱ですからね。残念ですけれども、ご本人が決めたことですからね。こればっかりはしょうがないし、ほかにもモンゴルの横綱もいるし盛り上げてもらいたい。日本人の力士の方も頑張って横綱に上がっていってほしい

立川志らく「怪我しながら優勝した姿忘れない」

今場所、黒星が続いていた稀勢の里に「どうせ引退するのなら千秋楽までとりきるというのも手だ」と独特のエールを送っていた落語家の立川志らくさんは…

立川志らく
稀勢の里引退。本当にお疲れ様でした。怪我をしながら優勝した姿 忘れません

稀勢の里と同じ茨城県出身のタレント磯山さやかさんもツイッターで…

磯山さやか
朝から、稀勢の里関引退決意のニュースに悲しんでいます。本当に大変な世界ですね

またバイキングに生出演した坂上忍さんと梅沢富美男さんは…

坂上忍
改めて相撲って競技すごいなって思いました。生半可じゃ勝てないんだっていうね。そこら辺の厳しさを改めて教わったような気がします

梅沢富美男
日本人横綱って看板背負っちゃったからね。やっぱり横綱は10勝すりゃいいってもんじゃないから。ここが辛いんだよ、トップに立つっていうのは…

稀勢の里のものまね芸人「親方として育てる弟子が楽しみ」

エクササイズしながら力士のものまねをする相撲芸人あかつさんは稀勢の里本人公認だという「花道の奥から土俵に向かう時にちょっとだけ走る稀勢の里」のものまねを披露しながら引退を惜しんだ。

あかつ
ご本人の前でネタをやらせていただいて、その時もニヤっと笑って「グー」ってやっていただいたっていう。私の稀勢の里のものまねは引退しませんね。これからも。ウケルから(笑)

あかつ
あとは親方になって稀勢の里関が育てる弟子が楽しみだという気持ち。これからが楽しみだなっていう気持ちですね

(プライムニュース イブニング1月16日放送より)

プライムニュース イブニングの他の記事