異色事業続々...「オーナー企業」の思考法

カテゴリ:ビジネス

「αism」。

老舗の中小企業が、ベンチャー顔負けの業態転換。

急成長の秘けつとは?

ミシュラン二つ星を獲得したフレンチレストランのシェフもうならせた、高級食材「キャビア」。

つくったのは、懐かしい黒電話のコード部分を作った老舗企業。

全くの異業種事業に取り組んだ企業の思惑とは。

静岡・浜松市。

のどかな自然が広がるこの土地に建てられた平屋建ての建物。

そこには、複数に分かれた生けすがあり、中では、生まれたての小さなものから、おなかにキャビアを持ったものまで、およそ7,000尾のチョウザメが養殖されていた。

手がけているのは、東京・大田区に本社を置く「金子コード」。

ケーブルや電線などを製造する、1932年創業の老舗メーカーで、今では、医療用カテーテルのチューブで国内トップの供給量を誇る。

なぜ、そんな会社が、キャビアづくりを始めたのか。

そこには、オーナー企業ならではの発想があった。

金子コード・金子智樹社長(3代目)

「将来的にどういう仕事、どういうものを探してきたら、将来につながっていくのかということを探す段階から、わたしたちの会社の若い社員に教育していきたいっていう、そういう気持ちがございまして、完全なゼロなものを探してほしかったと」

NTTが電電公社だった時代、電話機用のコードを納入、売り上げを伸ばした金子コード。

ところが、電電公社が民営化され、NTTになると、電話機の製造・販売の主流は、家電メーカーに移行。

需要は減り、経営は一気に悪化したという過去が。

金子コード・金子智樹社長(3代目)

「時代が変わっていけば、(医療用)カテーテルも将来、しぼんでいく可能性もあるということで。また次に向かって、新しいものを生み出さなければならないという気持ちが、ずっとあったわけなんですが」

「親方日の丸でも安定などない」。

そんな経験が、キャビアづくりという新事業につながっていた。

国が、「きれいな水」とお墨付きを与えた天竜川のすぐそばで行われているキャビア事業。

今では、ミシュランガイドで紹介されるレストランなどと取引があるという。

しかし。

金子コード・中村秀憲食品部部長

「採算ベースに乗るには、残り4年ぐらいかかる予定です」

キャビア事業開始から5年。

だが、稚魚を育て始めてからキャビアを取り、事業を軌道に乗せるまでには、最低10年と見積もっていた。

3代目の金子社長は、ここにも狙いがあるという。

金子コード・金子智樹社長(3代目)

「大手の社長の在任期間っていうのは、だいたい平均で6.2年。(新規事業が)6.2年以上のものであれば、大手は、この業界に参入してこないであろうと。(大手は)ステークホルダーの目を気にしながら経営していかなきゃならないとなりますと、6.2年、社長をやっているとなれば、9年先の話をしてもですね、株主の心に響かないだろうということで。わたしたちは9年後、間違いなく、わたしが社長をやってますので」

スピード感が求められる時代に、他の追随を許さない、ゼロからの新規事業。

日の丸オーナー企業の強みがここにあった。