米中閣僚級貿易協議 21日から 中国代表団が米へ出発

カテゴリ:ワールド

交渉期限まで残り10日間に迫る中、米中両政府は、貿易問題をめぐる閣僚級協議を21日から行うと発表し、中国の代表団が、首都ワシントンに向け出発した。

中国の劉鶴副首相ら代表団は19日、北京の空港からワシントンに向け出発した。

米中両政府の発表によると、中国代表団は、ワシントンで今週21日と22日に、ライトハイザー通商代表やムニューシン財務長官と詰めの協議を行う。

先週、北京で行われた協議について、アメリカのトランプ大統領は、「非常に順調だ」と評価した一方で、交渉期限を延長する可能性にも言及していて、今回の協議の進展次第では、首脳会談にまでもつれ込む可能性もある。