手塚治虫さん直筆トキワ荘の天井版 警視庁クラブに保管

カテゴリ:国内

手塚治虫さんなど有名漫画家が住んでいた東京・豊島区の「トキワ荘」が解体される際に、手塚治虫さんが天井板に描いたイラストが、警視庁の記者クラブに保管されている。

手塚治虫さんのイラストは、「トキワ荘」の天井板の縦90cm、横30cmほどに、手塚さんの代表作「リボンの騎士」のキャラクターや自らの執筆姿が描かれている。

このイラストは、1982年に「トキワ荘」が解体されることを知らせた警視庁の担当記者に、手塚さんがその場で天井板に描いて贈ったもので、警視庁池袋署の記者クラブなどに保管されていた。

イラストは今後、豊島区に寄贈され、2020年に開設されるトキワ荘の復元施設での公開も検討されているという。