世界初 iPS細胞 脊髄損傷治療の臨床研究了承 慶応大学研究チーム

カテゴリ:国内

iPS細胞を用いて脊髄損傷患者の治療を行う慶応大学の臨床研究が、国の審議会で了承された。

慶応大学の岡野栄之教授らが計画している臨床研究は、iPS細胞から神経のもととなる細胞を作製し、スポーツや交通事故などで脊髄を損傷した患者に移植するもので、厚生労働省の審議会で了承された。

対象は、損傷後2週間から4週間以内の18歳以上の患者4人で、iPS細胞を用いた脊髄損傷に対する臨床研究は、世界初という。

脊髄損傷により、体が麻痺した患者は、国内に10万人以上いるとみられ、これまで有効な治療方法はなく、将来的な治療への活用に期待が集まっている。