フランスがJOC竹田会長に贈賄疑惑 ゴーン氏逮捕の意趣返し!?開催への影響は

カテゴリ:地域

  • 11日にフランスのル・モンド紙が贈賄疑惑を報じた
  • 疑惑は3年前に浮上するも竹田会長側は完全否定
  • 専門家らが意趣返し説について解説

フランス司法当局がJOC竹田会長を贈賄で訴追へ!?

JOC竹田恒和会長
「贈賄にあたるような不正なことは何も行っていないことを私は説明いたしました」

疑惑を完全否定した、東京オリンピック・パラリンピック招致のキーマン。

一方…
中国・中研網(13日)「オリンピックのイメージに悪影響を与える一大スキャンダルだ」

日本に対し、疑惑の目を向ける海外メディア。
11日に飛び込んできた驚きの一報。

フランス司法当局がJOC・日本オリンピック委員会の会長、竹田恒和氏に対する東京オリンピック招致に絡む贈賄の疑いで訴追に向けた手続きを始めたことが分かったのだ。

小池都知事
「大変驚いております。ちょっと困惑している」

桜田五輪相
そういうことはあり得ないのではないかと思いました

寝耳に水の表情を浮かべる関係者たち。

こうした中、海外のメディアからはこんな憶測も。

韓国・聯合ニュース(11日)「ゴーン会長逮捕への報復?」
ロシア・RT News(11日)「報復か?」


東京オリンピック招致のキーマンに汚職疑惑。
世界はどう報じたのか見ていく。

疑惑が浮上したのは3年前

11日金曜日にフランスのル・モンド氏が竹田会長の贈賄疑惑を報じた。

フランス ル・モンド紙(11日)
「フランス司法当局は竹田氏がオリンピック招致のために、賄賂の支払いを許可したと疑っている」

実はこの疑惑、最初に浮上したのは3年前。

フランスの検察当局は、東京オリンピックの招致委員会が、IOC=国際オリンピック委員会の元委員と関係が深いシンガポールのコンサルタント会社へ支払った、およそ2億2000万円が賄賂にあたるとの疑いで捜査していたのだ。

竹田会長側は完全否定

この疑惑について当時(2016年9月)、竹田会長は「我々はこの契約を違法性のないものとして行ったわけで、それがきちっと認められたということは、私どもとしては理解しております」と完全に否定。

JOCが設置した調査チームも、違法性はなかったと結論付けていた。それにもかかわらず、なぜ疑惑が再燃したのか?

報道があった11日、竹田会長はJOCを通じて「契約に基づき正当な対価を支払ったものであり、贈賄にあたるような不正なことは何も行っていないことを、私は説明いたしました」とコメントを発表し、再び疑惑を完全否定

しかし、海外メディアの反応は。

米・ニューヨークタイムズ(11日)
「オリンピックの信頼を揺るがす新たな打撃となった」

中国・新浪体育(12日)
「匠の精神などの価値観が崩壊しようとしている」

また、東京と最後まで2020年のオリンピック開催を争ったスペインでは、皮肉交じりの報道が。

スペイン・ABC(11日)
「マドリードに勝つために不正に200万ドルを支払った疑い」


さらに、海外の報道で目についたのが。

ロシア・RT News(11日)
「報復か?日産前会長が告発されたのと同様に フランスがJOC会長を捜査」


中国・新華社(11日)
「フランス当局が竹田氏の調査を始めたタイミングが絶妙」


海外メディアによると、12月10日、フランスの司法当局から取り調べを受けていたという竹田会長。この同じ日、日産のカルロス・ゴーン前会長が再逮捕されていたため、今回の疑惑はフランスの“報復”ではないかというのだ。

ゴーン前会長逮捕に絡む報復なのか!?

しかし、元東京地検特捜部の若狭勝弁護士は「フランス当局が”意趣返し”をしているという可能性はないと思います。国家間の関係が悪化してくるとままある訳ですが、ゴーンさんを逮捕したからといって、今回、日本とフランスは未だ悪化した外交の関係には至っていない」と解説。

また、ゴーン被告の地元・フランスの記者も「報道のタイミングがほぼ同じなので、なぜゴーン氏は拘束されて竹田氏は拘束されないのか法律の違いを比べることはありますが、“報復”によるものだとは考えられていません」と報復の可能性は低いとコメントした。

では、開催まであと1年半と迫った東京オリンピックに、影響はあるのだろうか?

オリンピック・パラリンピックへの影響はない

東京オリンピック開催への影響はあるのだろうか。

元JOCの春日良一氏は「開催自体への影響はないと思います。招致活動と大会運営をするのは全く違う組織で行われるので、疑惑が仮に認められても招致委員会のこととは切り離して考えなければならない」と開催への影響を否定した。

一方、竹田会長の進退については「疑惑がクロといった場合には、何らかの処分をしなければならないと思います」とした。

(「めざましテレビ」1月14日放送分より)

ミッション 東京2020の他の記事