規模3倍で予算難にも!?受験生も困惑か 「18歳で成人式」首都圏100自治体の本音を聞いてみた

カテゴリ:地域

  • 2023年の成人式は18歳が対象?変わらず20歳?
  • 100自治体すべてが「未定」 懸念第1位は“3倍規模”
  • いつまでに決定?「今年度中」は1自治体のみ

成人式が18歳対象に?

民法改正に伴い、3年後の2022年4月1日から、成人年齢は18歳に。
そこで問題になっているのが〝成人式〟
18歳で成人式を行うのか…あるいは20歳のままなのか?

仮に4年後、2023年の成人式から、18歳を対象とした場合、
成人式を迎えるのは、現在13~14歳。
著名人では、芦田愛菜さん、鈴木福さん、鈴木梨央さん、本田望結さんなど、フレッシュな面々だ。

100自治体が「未定」 懸念1位は「3学年同時開催」

実は、「成人式」について、法律の規定はなく、開催時期や対象年齢については、各自治体の判断に委ねられている。

そこで、FNNでは、首都圏で人口が多い上位100の自治体に対し、「成人式、何歳にする?」を緊急取材した。

すると、すべての自治体が「未定」だったのだ。
決められない原因は一体何なのか。
担当者が「懸念材料」として挙げたのは…

「〝18歳成人式〟に変更した場合、初年度は18歳~20歳が新成人になるため、通常の3倍の人数を対象に開催する必要がある」(44自治体)

「18歳にとって、成人の日は、受験や就職を控えた多忙な時期である」(40自治体)

暴れる新成人も…

「18歳成人式」に変更した場合、初年度は、18歳(17歳で参加する人も)だけではなく、前の年までに成人式を行っていない、19歳、20歳も対象となるのだ。

合わせて3学年分の新成人を受け入れるとなると、通常の3倍の人数を収容できる会場や、3年分の予算が必要になる可能性がある。

さらには、ちょうど、成人の日前後に、受験シーズンもスタート。

受験生にとっては、成人式どころではない。

どちらかといえば、18歳?20歳?

『未定』とは言え、検討を始めている自治体もあった。
18歳成人式?20歳成人式?どちらが濃厚なのか?
担当者に尋ねたところ、数は少ないものの回答があった。

東京都大田区:「20歳のままが良いと思っている」
千葉県市川市:「18歳は現実問題厳しいのではないか」
千葉県八千代市:「20歳のままで良いのでは、という声が多い」
茨城県ひたちなか市:「20歳のままが良い、という意見が出ている」

他にも、栃木県佐野市からは「もし18歳対象になったら、『高校単位で開催するのか?』『市単位なのか?』担当者間で話題になっている」という回答もあった。

「今年度中に決定」は1自治体のみ

そうは言っても、成人式は、晴れ着の手配など、早めの準備が必要だ。

18歳成人式か?20歳成人式か?は、新成人だけではなく、成人式に関わる全ての人たち、例えば、晴れ着業者や写真館、美容室などなど、多くの大人にも、多大な影響が出る話。

早い段階で、決めて欲しいとの声も聞かれる中、「いつまでに決定するのか?」と100自治体に尋ねたものの、見通しは立っていないようで…

「今年度中」:1自治体(東京都大田区)
「来年度中」:7自治体
(横浜市、千葉市、東京都板橋区、千葉県柏市、水戸市、埼玉県熊谷市、栃木県小山市)

成人式を開くための予算策定については、東京都町田市の担当者によると、「2021年秋から予算策定作業が始まる」と言い、それまでに方向性を固めなければならない事情もあるようだ。

ほかの多くの自治体は、「検討を進めているものの見通しは立っていない」「近隣自治体の状況も見なければ」などと困惑する様子も見られた。

「発祥の地」は20歳

一方で、「成人式発祥の地」として知られる自治体は、すでに方針を表明した。

埼玉県蕨市。人口約7万5000人のこの街では、終戦翌年の1946年、「次代を担う青年達を、まちをあげて激励しよう」と「成年式」を開催。

それが全国に広まり、1948年、「成人の日」が祝日に制定されたとのこと。
蕨市は、「18歳の多くが高校3年生で、受験勉強や就職活動など将来の進路に関わる大切な時期」とした上で、「この時期に式典を開催することについては、教育的配慮が必要」として、現行通り20歳を対象に式典を開催する方針を示した。

こうした方針は、蕨市のホームページにも掲載されている。

特筆すべきは、他の自治体が「未定」とする中、方針を示した理由だ。

一部を抜粋すると、「民法改正後の成人式の在り方について、なるべく早く全国に発信することが、発祥の地としての使命であるとともに、そのことが、『自分の成人式はどうなるのだろうか』と不安を感じている若者やご家族の安心につながるとの考えから」と。

このコメントには、発祥の地としての矜持が感じられるが、アンケートに協力してくれた、いずれの自治体の担当者も、『早く決めて、新成人や関係者を安心させたい』との思いを持っていた。

でも、こんな難題だからこそ、やっぱり、率先して政府に動いて欲しいものだ。

迅速な〝大人〟の判断に期待したい。

(執筆:フジテレビ社会部 百武弘一朗)