「アベノミクス偽装」と首相追及 勤労統計不正調査で野党

カテゴリ:国内

国会は1日、参議院本会議で、安倍首相の施政方針演説に対する代表質問の最終日を迎え、野党は、毎月勤労統計の不正調査をめぐり、「アベノミクス偽装だ」と安倍首相を追及した。

立憲民主党・福山幹事長「2018年は実質賃金が実態はマイナスになる可能性すら出てきている。まさにアベノミクス偽装。昨年1月から11月の実質賃金については、マイナスになるという認識かどうかお答えください」

安倍首相「昨年1月から11月の実質賃金の算出が可能かどうかについては、担当省庁において検討を行っていると承知している」

安倍首相はさらに、雇用保険などの給付が本来より少なかった人への支払いについて、あらためて謝罪したうえで、「3月中に、本来支給すべき金額での支給を順次開始できるよう準備を進めている」と述べた。

自由党・山本共同代表は、「これは、会派ではなくわたし個人からの意見として提案です。消費税増税? ありえない。凍結? ありえない。消費税は減税しかないのがないだろというのがわたしの考えです」

安倍首相「山本太郎議員の代表質問に対してお答えいたします」、「今回の消費税率の10%引き上げについては、前回の反省のうえに、あらゆる施策を総動員し、経済に影響を及ぼさないよう全力で対応する」

また、今国会から国民民主党と統一会派を組んだ自由党の山本共同代表は、国民民主党の政策と異なる消費税を減税すべきだとの個人的見解を安倍首相に質問し、議場内から笑いが漏れる一幕もあった。