「マリオ」裁判官が汚職に死刑!? 中国が無断使用か「知的財産権」コインも登場

カテゴリ:ワールド

中国当局が、任天堂の人気ゲーム「スーパーマリオ」シリーズのキャラクターを無断使用した疑い。

中国共産党の中央政法委員会が、インターネットに掲載した動画。

英語で「スーパーマリオ」と書かれたタイトルをはじめ、「マリオ」そっくりなキャラクターが、汚職に手を染めた官僚を次々と倒していく。

BGMや効果音もそっくりで、裁判官に扮(ふん)した「マリオ」が犯罪者に死刑判決を下す場面や、中国語で「知的財産権」と書かれたコインも登場する。

汚職撲滅に力を入れる習近平政権の取り組みをアピールする動画とみられるが、中国の一部メディアからは、著作権侵害の可能性が指摘されている。

任天堂は「個別の案件については、コメントを控える」としている。