「男2人に襲われた」NGT48 山口真帆さんライブに登場し謝罪 波紋広がる

  • 「男2人に襲われた」NGT48の山口真帆さんがライブで謝罪
  • 山口さんは運営側の対応への不満をネット上で訴えていた
  • 運営会社もメンバーから一部情報が漏れていたことを認める

被害者であるはずのメンバーが謝罪したことで波紋

「男2人に襲われた」NGT48の山口真帆さんがライブで謝罪。

ネットでは「なぜ被害者が謝罪しなければいけないのか」「運営の危機感のなさに憤りを感じる」「事態をもっと重く受け止めるべき」といった声が上がっている。

山口さんは運営側の対応への不満をネット上で訴えていた

AKB48の姉妹グループで新潟県を拠点に活動するNGT48のメンバー山口真帆(23)さん。

私は先月終わり帰宅時に男2人に襲われました。あるメンバーに公演の帰宅時間を教えられ、またあるメンバーに家、部屋を教えられ、
(山口真帆さんのツイッターより※現在は削除)

と、自宅玄関に押し掛けてきた25歳の男2人から顔をつかまれ押さえ込まれるなどの暴行を受けたことを自身のツイッターで明かしていた。

逮捕された2人は山口さんのファンというわけではないものの「話がしたかった」などと供述。
12月28日に不起訴処分となって釈放されていた。

山口さんは「実行犯の男2人をそそのかしたのはNGT48のメンバー」「みんなの個人情報バレてるし…殺されてたらどうするんだろうって思うし」などと運営側の対応への不満をインターネット上で涙ながらに訴えていた。

そうした中、1月10日に行われたNGT48の「劇場3周年記念公演」。体調が心配されていた山口さんは、公演が始まってから40分後に突如舞台に現れた。

山口真帆
私にも守りたいものがあったから このようなかたちで皆様に伝えることになってしまったことも お世話になっている方々にも迷惑をかけることになってしまった事 本当に申し訳なく思っております

ファン
悪くないよ!

運営会社もメンバーから情報が漏れたことを認める

そして、公演終了後NGT48の運営会社が、この問題について初めてコメントを発表した。

メンバーの1名が、男から道で声をかけられ、山口真帆の自宅は知らないものの、推測出来るような帰宅時間を伝えてしまったことを確認しました。
(NGT48運営会社コメント)

ネットでは署名活動広がる…

波紋が広がる中、ネット上ではある動きが…

NGT48グループ今村支配人の辞職と運営スタッフに公式な場での謝罪を求めます

と、ファンによる署名活動が始まったのだ。

今回の暴行事件を山口さん自らが声を上げるまで運営側が公表しようとしなかったことや、どのように山口さんの自宅住所が漏れたかが説明されていないことなどに不信感をもった人が次々に集まっている。

「このままではメンバーが安心して活動できない」として、1月11日午後7時現在で2万6000人を超える署名が集まっている。

(プライムニュース イブニング1月11日より)

プライムニュース イブニングの他の記事