極上の“クールジャパン”体験? 「マンガ読み放題ホテル」本の街・神保町にまもなく誕生

カテゴリ:国内

  • 5000冊のマンガが読み放題! 本の街・神保町に誕生する「マンガカプセルホテル」
  • 厳選されたマンガすべてに「おすすめコメント」付き 外国人観光客向けに翻訳版も
  • 「日本の文化そのものに宿泊できます!」

新たに誕生する“漫泊”

外国人観光客に人気なものと言えば、何を思い浮かべるだろうか?

寿司や蕎麦といった和食や「kawaii(かわいい)」ファッションなどなど、海外展開が推し進められている「クールジャパン」は数多いが、その中でも、マンガの人気は根強いだろう。

そんな中、東京・神保町に、5000冊のマンガが読めるカプセルホテル「MANGA ART HOTEL, TOKYO」が2月にオープンする。

漫泊(まんぱく)。それは、何かのついでとか、片手間とか、暇つぶしではなく。ただひたすら、マンガの世界に浸る“一晩中マンガ体験”です。他にしなきゃいけないことあるのに、つい手が伸びて、時間も忘れて読み耽る。そんな、マンガへの心地いい敗北感が、ここにはあります(公式サイトより)

「MANGA ART HOTEL, TOKYO」は、男性用19室・女性用16室の計35室、2フロアのカプセルホテル。
1フロアずつが男女専用階として独立しており、それぞれの階に受付・マンガが陳列された本棚・個室エリア・シャワールームやトイレといった水回りのエリアがある。

利用者はマンガを個室に持ち込んだり、備え付けのベンチで楽しむことができ、気に入ったマンガはその場でお買い上げも可能だ。


マンガを読みながらベッドでゴロゴロ…この魅力はもはや語るまでもないが、このホテルの魅力はたくさんのマンガに囲まれて過ごす癒し空間だけではない。
約900冊の英訳版コミックスが揃っていることに加え、すべてのマンガに日本語・英語でスタッフからのおすすめコメントがつけられており、日本人だけでなく、外国からの観光客も日本のマンガを思う存分楽しめるのだ。

スタッフからのおすすめコメント

カプセルホテル自体も外国人に人気だというが、神保町といえば、膨大な数の書店・古書店が並ぶ「本の街」。
歴史ある街とマンガの組み合わせはまさに「クールジャパン」と言えそうだが、果たして外国人観光客を引き込む、日本の新名所になれるのだろうか?
「MANGA ART HOTEL, TOKYO」の広報担当者にお話を伺った。

20代~30代向けに選書

――マンガに特化したホテルを作ったきっかけは?

自分たちが漫画が好きだったというのが一番のきっかけです。
そんなに知られていなくても魅力ある作品が多々あるなと感じていたので、そういうものに出会える場が出来ればと思い企画しました。
また、情報媒体として情報量も多く興味深いものであると思ったこと(インバウンド向けホテル運営時にも絵があった方が文化や言語の違いも超えて理解してもらいやすいと痛感していました)、そして日本の文化としても面白いコンテンツだと思っていたことも漫画に特化しようと思った理由です。


――5000冊のマンガはどうやって選んだ?

前提としてカプセル型のホテルに宿泊する20〜30代の年齢層向けに選書しています。
その中でも特に、普段出会うことができないような作品、 知らなかった世界に触れることができたり、泣けたり、笑えたり、感情を動かしてくれる作品、装丁も含めて一つのアート作品と思えるような、ハードとして持っておきたい作品、 といった点を重視して選考しています。
ラインナップの一部としては『盆の国(スケラッコ/リイド社)』『満月エンドロール(野村宗弘/講談社)』『僕は問題ありません(宮崎夏次系/講談社)』などがあります。


――男女でフロアが分かれていますが、置かれているマンガは同じもの?

男女でラインナップは異なります。
選書は、運営者二人で数千タイトルの作品を読み、基本的には男女を意識することなく行ってきました。
一方で、漫画の面白さのポイントの1つに「共感」があると考えており、ターゲットとなる年齢、性別によって共感するポイントは違うと思うので、その点を考慮し、男女どちらに振り分けるかを一つ一つ考慮しながら決定していきました。



“泊まれる本屋”など「本×ホテル」をコンセプトにした施設は以前からあったものの、「知られていない魅力的なマンガとの出会い」を体験してほしいという思いから誕生した、マンガに特化したカプセルホテル。
最近は電子書籍で本を楽しむ人も多いだろうが、そのこだわりは「紙」にもあるという。


――紙のマンガの魅力とは?

デジタルディスプレイでは難しい範囲のサイズ感、多様な紙の質感、光沢が入れられたりといった印刷の幅、経年による味わいの変化、そういった多様な表現力が紙の漫画の持つ魅力だと考えています。
また、空間に配置されることでインテリアとしても楽しめる上、羅列した際のアクセシビリティの良さや、目への負担が少ないといったことも魅力だと思います。

「日本の文化そのものに宿泊できます」

そしてやはり大きな特徴は、厳選されたマンガを外国人観光客も楽しめる、ということ。
英語でのおすすめコメントや翻訳コミックスなど、日本語がわからなくても楽しめる環境が整えられているが、同時に「日本の文化をそのまま楽しみたい」という需要もあるという。


――翻訳版はどんな言語のものを揃えている?海外のコミックスも読める?

現状翻訳言語は英語のみです。 
翻訳版のコミックスは基本的に海外で出版されているため、国外で販売されているものも入っているかと思います。
日本の文化に興味を持っているインバウンド旅行者だと日本語で見たいという需要も多くあるため、 実際に宿泊するゲストとコミュニケーションする中で言語の割合も適宜変更していく予定です。


――置いてほしいマンガのリクエストなどには答えてもらえる?

タイトルの入れ替えは行います。
一般的な書店と違い、受付等で必然的にコミュニケーションが発生するホテルという場で、また自分たちもそこに大きな価値があると考えているので、コミュニケーションの中で要望を伺い、議論ののちに決定することはあると思います。



「普段会ったとこのない蔵書との出会いがあり、素敵な空間で漫画の世界に夜通し浸ることが出来、インバウンド的にも観光しやすい立地にあり、日本の文化そのものに宿泊できます」と語る「MANGA ART HOTEL, TOKYO」。

現時点では宿泊のみの受け入れとなり、料金は平日で1泊4800〜5800円、祝前日は5800〜6800円程度を予定しているという。
宿泊予約は1月下旬から受付開始予定ということで、公式SNSをチェックしてほしいとのことだ。

“眠れないホテル”が果たして日本の新名所になれるのか、注目したい。

外国人に選ばれたいニッポンの他の記事