不妊治療手がける院長死亡 首絞められ...息子を逮捕 福島・郡山市

カテゴリ:国内

福島・郡山市の病院で、院長の男性が首を絞められ死亡する事件があり、34歳の息子が逮捕された。

殺人未遂の疑いで現行犯逮捕されたのは、自称、郡山市の無職・乾誠悟容疑者(34)。

警察によると、乾容疑者は12日夕方、「乾マタニティクリニック」の3階の自宅で、院長で父親の裕昭さん(69)の首を絞めて殺害しようとした疑いが持たれている。

乾容疑者は、通報で駆けつけた警察官にその場で逮捕されたが、裕昭さんは、まもなく死亡した。

近所の住民は、「不妊治療とかでは有名だったので、びっくりした」と話した。

乾容疑者は、「俺が殺した」などと容疑を認めていて、警察では、容疑を「殺人」に切り替えて、くわしい動機や経緯を調べている。

(福島テレビ)