米の政府閉鎖「未体験ゾーン」 影響はトイレにまで...

カテゴリ:ワールド

国境の壁をめぐるアメリカ政府機関の一部閉鎖は、ついに22日目を迎え、歴代最長記録を更新したが、解除の見込みは依然として立っていない。

メキシコとの国境の壁の建設費を要求するトランプ大統領と、反対する野党・民主党の対立は、12日も解消されておらず、ついに歴代最長の22日目になった。

長期化によって、観光施設が閉まったり、一部の連邦政府の職員が自宅待機となるなど、影響が広がっている。

観光地のインフォメーションセンターは無人で閉まっていて、近くにある仮設トイレも、すべて鍵がかかっていて、利用することができない状態だった。

観光客は、「夫がトイレに行こうとしたが、閉まっていた。ほかを探しているところです」と話した。

トランプ大統領は11日、あらためて民主党に譲歩を促したが、双方の主張は平行線のままとなっている。