過労死ラインの約2倍 医師の残業上限を緩和

カテゴリ:国内

医師の働き方に関して、厚生労働省は、地域医療に従事する医師については、残業時間の上限を年間2,000時間程度とする案を示した。

厚労省は、11日の有識者検討会で、地域医療に従事する医師の残業時間の上限について、年間1,900時間から2,000時間とする案を示した。

この上限は、一般労働者の残業時間の倍以上で、過労死ラインのおよそ2倍にあたるが、厚労省は、必要な医師の確保が難しく、地域医療の安定した提供を維持するための暫定的な措置としている。

一方で、一部の有識者からは、「一般労働者と上限を同じにすべき」との異論も出ている。