米中貿易協議3日目 トランプ氏「順調」アピールも...

カテゴリ:ワールド

アメリカと中国による次官級貿易協議は、当初2日間だった日程を延長し、9日、3日目の議論を行う。

貿易摩擦の解消に向けて、具体的な方策を見いだせるかが焦点。

北京で行われている次官級貿易協議では、貿易赤字削減に向けた、中国によるアメリカ製品の輸入拡大や、知的財産権の保護強化などが争点になっている。

トランプ大統領は8日、「協議はとても順調に進んでいる」などと自身のツイッターに投稿したが、アメリカメディアは「進展はあったが、合意には程遠い」と伝えていて、双方の溝が埋まるかは、依然、不透明。

米中両政府は、今回の協議をふまえて、1月中にも閣僚級協議を開き、3月1日の期限までの妥結を目指す。