昭和天皇の陵墓を参拝 天皇陛下 即位30年

カテゴリ:国内

天皇陛下は、即位から30年を迎えた7日、皇后さまとともに、昭和天皇が眠る陵墓を参拝された。

1989年1月7日、昭和天皇の崩御にともない、陛下が即位されてから、7日で30年にあたる。

両陛下は、東京・八王子市の武蔵陵墓地を訪れ、昭和天皇三十年式年祭・「山陵(さんりょう)の儀」に臨まれた。

「山陵の儀」には、秋篠宮ご夫妻をはじめとする皇族方のほか、元皇族、安倍首相や衆参両院議長など、およそ80人が参列した。

陛下は、退位の日が決まる前から、天皇の立場でこの儀式を迎えたいとの意向を示されていたという。

両陛下は、昭和天皇の眠る陵墓の前で、玉ぐしをささげて深く拝礼し、昭和天皇をしのぶお告文(おつげぶみ)を読み上げられた。

これに先立ち、皇居の宮中三殿では、「皇霊殿の儀(こうれいでんのぎ)」が行われ、両陛下の名代として、皇太子ご夫妻が、古式にのっとった装束で拝礼された。