新年を機にインテリアを一新したい!イケア・ニトリの人気商品に注目

カテゴリ:暮らし

  • 新年にインテリアを変えたい人が約8割
  • 「イケア」で10分の間に96人も足を止めた人気商品とは?
  • 品薄になるほど!ネジを使わないで組み立てる「ニトリ」の収納家具

2019年、まだ始まったばかり。気持ちを新たにインテリアを変えたい、と思っている人も多いかもしれない。

番組で、インテリア店の買い物客70人にアンケートを取ると、約8割の人が新年にインテリアを変えて、気分を一新したいと回答した。

そこで、大手インテリア店の「イケア」と「ニトリ」の売れ筋商品を調べてみると、新しい年を気持ちよく過ごすためのアイデアが詰まっていた。

10分で96人が足を止めた商品とは…

まず、新年セールを行っているインテリア家具・世界最大手の「イケア」。

取材した横浜市にあるIKEA港北には、1日約2万人が来店するという。

約1万点のアイテムが揃っているイケアで、井上清華アナウンサーが買い物風景をウォッチングした。

すると、客が通るたびに足を止めるスペースを発見。

10分で立ち止まった客の数は96人。注目度MAXの商品は「カラックス シリーズ」<4,999円(税込み)~>という収納家具。累計26万個も売り上げているという。

大小7種類の組み立て式ボックスと、中に入れる収納ケースのデザインも約40種類あり、組み合わせは自由自在。

実際に使っているというお宅では、以前散らかっていた部屋がカラックスを使用して壁一面で魅せる収納に変身。

色も白で統一させたことですっきりし、住人の女性は「人を呼べる部屋になりました。前は本当に誰も入れることができなかったので、心機一転整いました」と笑顔を見せた。

使い方イロイロなまな板!

他にも、店内に設置した定点カメラに映っていた人気コーナーを発見。

その商品名は「ホーグスマ まな板」<999円(税込み)>。

1年間で約30万台売れ、イケアで一番ヒットしている3段ワゴン「ロースコグ ワゴン」<4,999円(税込み)>にぴったりはまるように作られたのが、このまな板だという。

だが、このまな板は違う用途でも使うことができるということで、キッチンのサイドテーブルなどとしても使えるなど、現在約3万枚を売り上げている。

実際に3段ワゴンとまな板を使っているというお宅で伺うと、そのワゴンはリビングルームに置かれていた。

この家では、犬の世話をするものを入れ、掃除用具などはフタの下に隠して、上にはよく使うエサを置いているという。

ネジを使わない!?組み立て簡単な家具登場

インテリア家具で国内の店舗数ナンバー1の「ニトリ」。

取材した東京・北区にあるニトリ赤羽店でもウォッチング。

約1万2000点の商品の中で、年末年始に品薄になるほど売れた人気商品があるという。

それは、日本初上陸となる「Nクリック(TM)」シリーズ。
特殊技術を使用して、ねじなどを使わずに組み立てられるという。
(*一部店舗のみの取り扱い(約50店舗)1月下旬に取り扱い店舗拡大予定)

どれほど簡単にできるのか、実際に井上アナウンサーがネジ有りとネジ無しで比較してみた。

まずはネジ有りの従来品「チェスト クローネ9080」<7,990円(税込み)>から挑戦。

慣れないながらもなんとか完成。かかった時間は1時間53分。

一方、ネジを一切使わない「Nクリック チェスト」には、材料を見ると板に溝や出っ張りがあるのが分かる。

組み合わせる板に矢印が付いているため分かりやすく、女性の力でも簡単に組むことができる。

しっかり固定される仕組みは、溝の内部にある特殊なストッパーで、2枚の板をガッチリと固定している。

はめていく作業を続け、かかった時間は28分。

ネジ有りの約4分の1という結果となった。

ちなみに、ネジなしの組み立ては慣れている人が作業をすると10分程度で完成するという。

見た目もネジがないことで、スタイリッシュな仕上がりに。

伸縮自在の便利トレー

続いては、累計約50万個を販売した人気商品の「伸縮整理トレー」。

すでに使っているお宅では、引き出しの中に箸やフォークなどがきれいに収納されていた。

伸縮できるトレーで横に伸ばすことで菜箸を入れることができるほか、2018年に出たタイプは縦に伸ばすこともできるように進化し、サイズ調整がしやすくなったという。

各店舗とも新年の来場者のピークは越えつつあるということで、注目商品でインテリアを一新したいなら、今がねらい目のようだ。

(「めざましテレビ」『スゴ撮』1月8日放送分より)

めざましテレビの他の記事