台湾問題「武力行使排除せず」 習近平氏 米をけん制

カテゴリ:ワールド

中国の習近平国家主席は、台湾問題に関し、武力行使を排除しない考えを示した。

習近平国家主席は、「武力使用を放棄することは承諾できない。必要な措置をとる選択肢は留保する」と述べた。

習主席は台湾関連の式典で、台湾への関与を強めるトランプ政権を念頭に、外部勢力の干渉や台湾独立派の活動に対しては、武力行使も排除しない考えを示した。

習主席は、「一国二制度」による平和統一を目指す考えも強調し、独立志向の台湾・蔡英文総統は、早速反発した。