韓国が一転「レーダー照射せず」 日韓主張 真っ向対立

カテゴリ:国内

韓国軍の艦艇が自衛隊機にレーダーを照射した問題で、韓国側は一転、「照射していない」と反論。

日韓の主張が真っ向から対立している。

冷え込む日本と韓国の間に、新たな問題が発生した。

韓国訪問に先立ち、外務省の金杉アジア大洋州局長は、「日韓関係全体、非常に厳しい状況ではありますが、外交当局間できっちり、意思疎通をしていきたいと思う」と述べた。

韓国による問題の行為とは。

岩屋防衛相は、「不測の事態を招きかねない。極めて危険な行為であると認識をしている」と述べた。

自衛隊機に向けて、この「極めて危険な行為」を仕掛けたのは、韓国海軍の駆逐艦「クァンゲト・デワン」。

この名前は、古代日本とも戦ったとされる、朝鮮の王の名に由来する。

問題が起きたのは、20日。

石川・能登半島沖の日本海で、警戒・監視をしていた海上自衛隊のP-1哨戒機に、韓国海軍の駆逐艦が、射撃管制用レーダーを数分間、複数回にわたり照射したという。

このレーダーは、ミサイルなどの武器を攻撃目標に誘導するために使われるもの。

日本政府の抗議に対し、韓国側は、「国防省は、正常な作戦活動をしただけだとし、日本の哨戒機を追跡しようとした事実はないと明らかにしました」としている。

当初、韓国国防省は、遭難した北朝鮮の船舶を探すためにレーダーを使用していて、それが照射された可能性があると主張していた。

しかし防衛省は、広い範囲を遠くまで見渡すことのできる、海面捜索用レーダーと違い、標的とする航空機に電波を当てる射撃管制用レーダーは、船の捜索に適していないと反論。

すると24日、韓国国防省のイ・ジヌ副報道官は「日本哨戒機を追跡する目的で、レーダーを運用した事実はありません。その点、明確に申し上げます」と述べた。

射撃管制レーダーについていたカメラは使用したものの、レーダー照射はしていないと主張を一転させた。

しかし、防衛省関係者は「われわれには、電波照射を受けたという証拠がある。素直に謝れば、こんな問題にはならない」としている。

レーダー照射を受けた哨戒機が撮影した写真を見ると...。

フジテレビ・能勢伸之解説委員は、「韓国側が言い出しているのは、捜索にあたってカメラを使うために、火器管制レーダーの後ろの方を使っていたということらしい。『STIR180』が撮影者の方を向いている。海上自衛隊の主張によれば、これは電波が出ていたので、ロックオンをかけられていたのではないか」と述べた。

そして、この時、カメラも作動していたとなれば、さらに疑問が残るという。

能勢解説委員は、「カメラで見ていたのなら、即座に海上自衛隊のP-1哨戒機だとわかったのではないかと思う」と述べた。

ソウルを訪れている金杉アジア大洋州局長は24日午後、韓国外務省の局長と会談し、適切な対応を求めたとみられる。