“二刀流剣士”才藤歩夢 全日本フェンシング選手権

カテゴリ:芸能スポーツ

6日に開幕したフェンシングの日本選手権。

女子エペに登場した才藤歩夢選手は、ある競技でも活躍する二刀流。

フェンシングの全日本選手権。

6日に行われた競技は女子エペ。

「エペ」とは、全身の全てが有効エリアとなる、フェンシングの中で最もわかりやすいとされる種目。

その中で注目なのが、早稲田大学の才藤歩夢選手(22)。

実は才藤選手は、近代5種でも日本トップクラスの実力を持つ二刀流。

東京オリンピックに2つの競技で出場が期待される、美女アスリート。

その才藤選手は、トーナメント2回戦でいきなりの大一番。

この種目で、オリンピック2大会連続出場の「ママさんフェンサー」佐藤希望選手(32)と対戦。

全日本制覇の経験も持つベテランをなかなか崩すことができず、リードを許す苦しい展開。

それでも終盤、才藤選手が驚異の追い上げを見せた。

一気に1点差に詰め寄ると、試合時間残り7秒。

土壇場で同点に追いつき、試合は先にポイントを奪ったほうの勝ちとなる一本勝負へ。

崖っぷちから、見事、逆転勝利を収めた才藤選手。

結果はベスト16にとどまったものの、フェンシングでも、その実力を証明した。

才藤選手は「まず、国内で勝たないことには、海外に出られないと思っているので、しっかり国内で勝てるようにすることが、今の現状かなって思います」と話した。

9日に東京グローブ座で行われる決勝。

16歳の「女子高生フェンサー」寺山珠樹選手が初進出を決めている。