「貴ノ岩 部屋で謹慎させる」“付け人”暴行で聴取

カテゴリ:国内

殴られた付け人の聴取が、6日午後終了。

一方、貴ノ岩は部屋で謹慎。

6日午後5時半、渦中の貴ノ岩とともに姿を見せた、師匠の千賀ノ浦親方。

両国国技館で相撲協会の事情聴取に応じ、部屋に戻ってきた。

千賀ノ浦親方は、報道陣に対し、「6日から貴ノ岩を部屋で謹慎させる」などと話した。

大相撲の幕内力士・貴ノ岩が、付け人の弟弟子に暴力を振るっていた問題。

日本時間6日午後5時半すぎ、モンゴル力士の先駆けである元旭鷲山が取材に応えた。

元旭鷲山は、「今度(暴力を)やられた本人がやっちゃったってことは、モンゴルやマスコミもクビになっちゃうんじゃないかと心配で」と話した。

貴ノ岩の現在の師匠、千賀ノ浦親方は、報道陣に無念の胸中を明かした。

千賀ノ浦親方は、「残念の一言ですね。貴ノ岩の自覚が足りないです。情けないです」と話した。

貴ノ岩が、付け人を暴行したのは、4日夜。

貴ノ岩は、福岡・行橋市にある体育館で5日に行われた巡業に参加するため、前の日から行橋市に宿泊していた。

貴ノ岩と付け人らが訪れたという、福岡・行橋市の居酒屋。

貴ノ岩が立ち寄った店では、「お相撲さんはお酒飲まないと聞いていました。(来たのは)夕方6時か7時からじゃないか」との声が聞かれた。

支援者によると、貴ノ岩と付け人らは、1軒目の居酒屋のあともラーメン屋、そしてカラオケバーなど、3軒はしごし、いったんはホテルに戻ったという。

その後、付け人らと3人で再び出かけた際、貴ノ岩が「俺の財布は?」と付け人に尋ねたところ、付け人は「財布は持っていかなくてもいいと言われた」という趣旨の発言をしたという。

これに怒った貴ノ岩は、ホテルの部屋に戻ったあと、付け人の顔を4~5回殴ったという。

今後、相撲協会は、貴ノ岩に何らかの処分を科す見通し。