改正水道法が成立 水道業の“民間委託”

カテゴリ:国内

水道事業の民間委託を盛り込んだ、改正水道法が成立した。

改正法は、自治体が運営する水道事業の経営悪化などを受け、事業を効率化するために、市町村の広域連携を進めることや、運営権を長期間民間に売却する仕組みを導入することなど、経営基盤の強化策を盛り込んでいる。

野党側は、水道事業を民営化した海外の事例で水道料金の高騰や行きすぎたコストカットによる水質悪化などが目立つとして強く反発していた。