2人救助 行方不明者5人 米海兵隊機 墜落事故

カテゴリ:国内

在日アメリカ軍の航空機2機が、6日未明、高知県の室戸岬沖の海上で接触し、墜落した。

自衛隊が、新たに1人を救助したが、残る5人の捜索活動が続いている。

防衛省などによると、6日午前1時40分ごろ、アメリカ海兵隊・岩国基地所属のF/A‐18D戦闘攻撃機と、KC‐130空中給油機が、室戸岬の南南東およそ100kmの上空で接触し、2機とも墜落した。

2機には、あわせて7人が搭乗していて、これまでに戦闘攻撃機の乗員とみられる2人を自衛隊が救助している。

現場周辺で発見された、墜落機のものとみられる救命ボートには誰も乗っておらず、自衛隊などが、残る5人の捜索を夜通し行うことにしている。