実力は? AIニュースキャスター 中国

カテゴリ:テクノロジー

日々進化するAI(人工知能)技術。

中国では「AIキャスター」が登場し、実用化されている。

その実力を取材した。

中国国営の新華社が、CGと合成し、開発した「AIキャスター」。

実在するアナウンサーの表情や言葉を2週間かけて収録し、その後、AIに3カ月ほどかけて学習させ、11月にデビューした。

中国語以外では、英語にも対応している。

見た目は人間そっくりで、読み上げた原稿は、中国の人が聞いても人が話しているのと遜色ないレベルだというが、「声の感じが不自然」、「機械的だ」などの声も聞かれる。

新華社では、この「AIキャスター」の登場により、人間のキャスターが現場により多く足を運び、取材する機会が増えることを期待しているという。