ALSに有効か 治療薬発見 慶応大病院で治験開始

カテゴリ:国内

ALS(筋萎縮性側索硬化症)に有効な可能性がある治療薬を、慶応大学の研究グループが発見した。

ALSは、筋肉が動かなくなることで、歩行や呼吸が困難になるといった症状が出る難病で、有効な治療薬が乏しいことで知られている。

慶応大学の研究グループは、ALS患者から取り出したiPS細胞を培養して、神経細胞を作製し、すでに使われているさまざまな薬で効果を試したところ、パーキンソン病の治療薬「ロピニロール塩酸塩」が役立つ可能性があることがわかったという。

今後、慶応大学病院でALS患者を募り、この薬を使った治験を進めるという。

日本で、iPS細胞を使って新しい種類の薬の開発を目指して治験が始まるのは、これが3例目。