2019世界の戦略はどう変わる:極超音速兵器「アバンガルド」と超音速対艦ミサイル「ブラモス」

カテゴリ:ワールド

  • 古いICBMに極超音速弾頭を搭載するロシア 
  • INF射程のミサイルの“極超音速化”は
  • 超音速対艦ミサイル搭載インド艦が米海軍と“共同展開”

60年代開発の露ICBMに最新鋭極超音速弾頭搭載

2018年12月26日、モスクワでプーチン大統領が見つめるモニターには、大陸間弾道ミサイルの発射装置、サイロが映っていた。やがて、金属製の重そうな蓋が開き、炎が噴き出す中、液体燃料のICBM(大陸間弾道ミサイル)、西側からは、SS-19“Stilleto”が、ゆっくりと上昇した。

SS-19は、1960年代のソ連時代に開発され、ロシア軍ではRS-18、またはUR-100Nと呼ばれる液体燃料の大陸間弾道ミサイルで、IHS Jane's戦略兵器年鑑2018-19によると、1973年に初の発射試験、就役は1980年だった。

1983年までに性能向上が図られて、UR-100N UTTKhとなり、最大射程は1万kmに。そして、1990年には配備数がピークの360発に達した。以降、米露の軍縮条約や、衛星打上ロケットへの転用、新型ICBMの登場で、2018年現在までに残っているのは約50発。30基のサイロ用に、20~30発が残っているだけ、との見方もあり(同上、戦略兵器年鑑)既に、来年春に試射が行われるRS-28サルマート重ICBMに交代するのは、既定路線だ。

RS-28サルマート

では、そんな古い弾道ミサイルの試射をプーチン大統領は、どうして自ら視察に訪れたのだろうか。この日のUR-100N UTTKh大陸間弾道ミサイルには、新型の極超音速滑空体が、模擬弾頭として搭載されていた。

カザフスタンとの国境に近い、ロシア南東のオレンブルク州のドムバロフスキー基地から発射されたUR-100N UTTKhから切り離された極超音速滑空体は、地球の表面に対し水平方向に機動し、6000km離れたカムチャッカ半島のクラ射爆場に着弾したとされる。

アバンガルドの発射試験

この極超音速滑空弾頭装着ミサイル計画は「アバンガルド」と呼ばれたり、この弾頭を装着したミサイルそのものが、ロシアのメディアでは「アバンガルド」と呼ばれたりしている。

プーチン大統領「アバンガルドは、米ミサイル防衛を突破」

極超音速滑空弾頭を装着すると、従来のICBMと何が違うのか。
従来のICBMでは発射後、2段式であれ3段式であれ、ロケットエンジンの噴射終了後も、切り離された弾頭は、大雑把に言えば、慣性の力に従う形で標的の方向に上昇を続けるが、重力に引かれ速度は遅くなり、やがて上昇が止まると、逆に重力で加速され、大気圏に再突入。標的に向かって、“落下”する。その軌跡は、放物線、弾道となる。従来の弾頭は、一般に円錐形や、その変形の形状をしている。

従来のICBMと極超音速滑空弾頭の飛翔コースイメージ

一方、極超音速滑空体は一般に、三角形が膨らんだような形状をしていて、底の部分で滑空できるようになっている。ロケットエンジン噴射終了後、高度100km前後の大気圏外に出た滑空弾頭は、地球の外周に沿うように標的の方向に向かって“滑空”する。川や池で、平たい石を水平に近い角度で投げ入れると、いったん水中に潜った石が空中に飛び出し、再び水中に没するも、また空中に飛び出し、進んでいくように。

マッハ5以上を極超音速と呼ぶが、それをはるかに上回る速度に加速された極超音速滑空弾頭は、空気のない大気圏外から、大気圏に水平に近い角度で入ったあと、いわば揚力を得て、再び大気圏外に出る。それを繰り返して、標的の近くまで来たところで、標的の上から襲い掛かる。

2018年3月1日に公開されたCG

また、空中を滑空するグライダーは動力がなくても、飛行中に向きが変えられるが、プーチン大統領が2018年3月1日にアバンガルド計画を披露した際には、CGを使い、ロシアの極超音速滑空弾頭は、自在にコースを変え、「米国のミサイル防衛網を突破できる」と強調していたのである。

ちなみに、ロシアの極超音速滑空体の最高速度はマッハ20と、プーチン大統領は言っていたが、12月26日の発射試験では、マッハ27に達したとの報道もあった。

極超音速滑空弾頭搭載ICBM、ロシアは2019年から配備

2018年12月29日現在、RS-18から切り離された極超音速弾頭の飛翔の様子や、弾着の映像などはロシア国防省から公開されていない。だが、プーチン大統領は26日、この試験結果を受けて「重大な成功であり、偉大な勝利である。新年への素晴らしい贈り物だ」とした上で「2019年から配備する」とした。

この極超音速滑空体弾頭は、新型ICBMであるRS-28サルマートにも、将来は搭載される見通しだが、6000kmという飛距離と既存の古いICBMに搭載しての“試験成功”だった点が気にかかる。

SS-20弾道ミサイル

冷戦末期から長い間、米露(ソ連)はINF条約によって、射程500kmから5500kmの地上発射弾道ミサイルと巡航ミサイルの開発・生産・配備を止めていた。これによって、日本を射程とする旧ソ連/ロシアのミサイルは、SS-20弾道ミサイル等、大きく減った。
ところが、この射程に当たるミサイルを中国や北朝鮮が、生産配備していることを理由に、米トランプ政権はINF条約から離脱する構えだ。

日本射程のミサイルも極超音速化?

カリブル巡航ミサイル

プーチン大統領は、既存の空中発射型弾道ミサイルや巡航ミサイル、それに軍艦や潜水艦から発射する巡航ミサイルを地上発射型に転用して、米国が将来、保有するINF射程のミサイルに対抗する構えだが、アバンガルド計画の試験が、INF上限を500km上回った6000kmで成功したことも注目される。

杞憂かもしれないが、アバンガルド、またはその技術を応用したINF射程の極超音速弾頭のミサイルが、ロシアで登場しないとは限らないからだ。プーチン大統領が2018年3月に説明したように、極超音速滑空弾頭が弾道ミサイル防衛では防げないものなるなら、日本の安全保障にも無関係とは言い切れない。

米オバマ政権、極超音速ICBMで戦略兵器の「非核化」を目指し、失敗

もちろん、米国も極超音速弾頭の開発に乗り出す構えだ。
そもそも、大陸間弾道ミサイルで極超音速滑空体を弾頭にしようとしたのは、米国のオバマ政権が最初だった。

オバマ政権では、戦略兵器の非核化の一環として考えていて、核を使用せず、極超音速滑空体弾頭をピンポイントで標的に当てて、ごく狭い範囲を、その運動エネルギーで破壊し、副次的被害・巻き添え被害を小さくするという考え方だった。

HTV-2

この考え方に沿って、2010年と2011年には「HTV-2」という極超音速滑空体の発射試験が行われたが、失敗。ただ、米海軍協会の機関誌は2018年に「米軍の極超音速ミサイルで使用する極超音速滑空弾頭を、米海軍が代表して開発することになった」と報じたのである。

米海軍と「共同展開」したインド海軍駆逐艦は、超音速艦対艦ミサイル搭載

米海軍アンカレッジ(奥)印海軍ラジプット(手前)

ロシアが、アバンガルド計画の試験を行った2018年12月26日、ベンガル湾では、米海軍のサンアントニオ級ドック型揚陸艦「アンカレッジ」が、インド海軍のカシンII級駆逐艦「ラジプット」と並走している画像が公開された。

米印海軍は「共同展開」をしていた、というのである。カシンII級駆逐艦は、1970年代から80年代にかけて、旧ソ連で建造された軍艦で、とてもステルス性など、最近の軍艦で重視される設計ではなく、5隻がインド海軍に引き渡されている。

印海軍ラジプットにセットされている「ブラモス」

注目されるのは、ラジプットの艦橋前の舷側にセットされた8基のブラモス艦対艦ミサイルの発射装置だ。ブラモスは、インドとロシアの共同開発のミサイルで、最大射程は290kmとされるが、その注目点は、この対艦ミサイルの弾頭が200kgもあり、標的を目前にした終末段階では、マッハ2・6の超音速に加速すること。

空母キラーとも呼ばれる所以である。新型のブラモスMでは、さらにマッハ3・5に加速するという。現時点で配備されている西側の艦対艦ミサイルで、マッハ3に到達するモノは、寡聞にして知らない。

米海軍アンカレッジ(奥)印海軍ラジプット(手前)

従って、米印海軍の「共同展開」は、米海軍の揚陸艦の艦隊を、強力な艦対艦ミサイルを備えたインド海軍の駆逐艦が護衛しているようにみえるかもしれない。このような米=印の海軍力の組み合わせが、インド洋にとどまるのか。それとも、2019年には、南シナ海、太平洋にまで広がるのか。

それによって、国産空母計画を進め、055型駆逐艦など強力な随伴艦も建造している中国の海洋進出に対する各国の動きも、変わってくるのかもしれない。

(フジテレビ 解説委員 能勢伸之)

【動画】「能勢伸之の週刊安全保障」(12月29日配信)を見る

↑「能勢伸之の安全保障」をまとめて読む

 

能勢伸之の安全保障の他の記事