ANA“空飛ぶホテル”ハワイ就航 「カウチシート」寝心地は

カテゴリ:ビジネス

女優の綾瀬はるかさんが横になっているのは、なんと、旅客機の座席。

これは、日本の航空会社として初めて全日空が導入した、ベッドのようにゆったりと過ごすことができる「カウチシート」。

2019年5月から、全日空の成田 - ホノルル便で就航するのは、ウミガメをモチーフにしたユニークなデザインの旅客機A380。

全長は、72.7メートル。

2階建てで、座席数520席と世界最大を誇る。

まさに、“空飛ぶホテル”ともいえる大型機を投入する全日空には、ある狙いがある。

ハワイは、日本からの観光客数が、年間およそ150万人の人気観光地だが、現在の日本 - ホノルル便のシェアは、日本航空がおよそ30%に対して、全日空はおよそ15%。

全日空は、今回のA380導入で、シェアをおよそ25%まで一気に伸ばしたいとしている。

A380は、2019年5月24日に就航し、成田 - ハワイのホノルル便で週に3往復、2019年7月には週10往復に拡大する予定。