レディー・ガガ 日本のファン4人だけにラスベガスで神対応!思わず涙も…

  • レディー・ガガが日本のファン4人をラスベガスに招待
  • 主演映画「アリー/スター誕生」の主題歌を生で4人に“初披露”
  • 日本のファンの手紙にガガの目に涙が…

日本のファン4人だけのために…

まさに神対応!
アメリカ・ラスベガスにある、5200人が収容できる会場。
23日、レディー・ガガは、日本のファン4人のためだけに、超至近距離で歌ってくれた。

12月23日 米・ラスベガス

この日、ガガが歌ったのは、自らが主演をつとめる大ヒット中の映画「アリー/スター誕生」の主題歌「シャロウ」。「シャロウ」をファンの前で歌うのは、これが初めてだという。

なぜ日本のファンに?

一体どうしたのかというと…

12月11日に行われたジャパンプレミアムに、ラスベガスのライブの準備のために参加できなかったガガは、日本のファンに会いたい!とSNSで募集。

約5000人から選ばれた4人のファンをラスベガスに招待したのだ。

大歓迎!思わずガガの目に涙も…

「10年前からファンです!」と感動で涙ぐむファンを、ガガは思わず抱きしめた。

レディー・ガガ:
愛してるわ。アイシテマス。

ハグにキスと日本のファンを大歓迎のガガ。

熱い思いのこもった手紙をその場で読むと、ガガの目にも涙が…

予定を大幅に超え1時間以上も…

ガガはそのまま4人をステージへ。

がらんとした会場の中、4人だけのために歌うガガ。

当初の予定を大幅に超え、日本のファン4人のために、1時間以上も時間を割いた。

なぜ日本のファンのためにここまでしてくれたのか。
ジャパンプレミアムに来られなかったというのももちろんあるが、初来日時、空港で、日本のファンが“泣きながら”出迎えてくれたという思い出も鮮烈に残っているようだ。

(「めざましテレビ」12月27日放送より)

めざましテレビの他の記事