憲法審査会に向け各党協議 野党側欠席などで開催困難

カテゴリ:国内

衆議院の憲法審査会について、22日の開催を目指す与党側が、幹事懇談会を開くよう各党に呼びかけたが、立憲民主党などが欠席し、懇談会の開催が見送られた。

衆議院の憲法審査会は、今の国会では、まだ一度も開催されておらず、幹事や委員の選任も行われていない。

与党側は、審査会を開くための幹事懇談会を、21日、各党に呼びかけた。

しかし、野党側の幹事予定者が別の委員会で質問している時間帯に、この懇談会が設定されたことに反発した立憲民主党などが欠席したため、幹事懇談会は見送られた。

与党側で筆頭幹事を務める自民党の新藤元総務相は、野党筆頭幹事で立憲民主党の山花議員から、「汗をかいて、憲法審査会の開会について努力する」との連絡を受けたとして、引き続き、22日の審査会開催を諦めずに調整を進める考えを明らかにした。

ただ、野党側は審議に応じない姿勢を示していて、22日の開催は困難な情勢となっている。

一方で、憲法審査会の森英介会長からは、「憲法審査会の委員構成ができないのは異常事態だ。国会議員としての責任を果たせなくなる」と、懸念を示している。