“ギョーザ革命”!? 驚きの発想 クックパッド超人気レシピ

カテゴリ:話題

「話題.com」。

“ギョーザ革命”ともいえる話題です。

これまで見たことのない、ヘルシーでおいしいギョーザが人気ということで取材しました。

この時期、食欲をそそるのがジューッと焼いたギョーザだが、よく見ると何かが違う。

実は、この皮はギョーザの皮ではなく、ダイコンでできている。

この“大根ギョーザ”は、クックパッドユーザー200人以上が実際に作った超人気レシピ。

ダイコンで包むので、「とてもヘルシー」と、特に女性に人気。

どうやって作るのかというと、作り方はとても簡単。

まずは、ダイコンをスライサーで薄くスライスする。

さらに、塩を振って、しんなりとさせるのがポイント。

続いては、ギョーザの具。

豚ひき肉に調味料を加え、白っぽくなるまでよく混ぜ、ニラを加える。

そして、ここで登場するのが、しんなりとさせたダイコン。

しんなりとしたダイコンに、片栗粉を茶こしで薄く振るうと、ギョーザの皮そっくりに。

そこに具をのせて、2つ折りに包む。

これで、下準備は完了。

フライパンにふたをして、およそ3分焼けば、“大根ギョーザ”の完成。

そんなダイコンというワードは、クックパッドの検索キーワードランキングでも、連日ランクイン。

それをよく見ると、入っているのは、“ダイコンの葉”。

ダイコンの葉は、使い道がなかなかないという悩みを抱える人が多く、この時期検索が急上昇するワードの1つだという。

街の人は「(ダイコンの葉、普段どうしている?)捨ててます」、「炒めて食べるくらい。ずっと冷蔵庫の中に残っているみたいな感じ」などと話した。

そこで、みじん切りにしたダイコンの葉と白菜をレンジで1分温め、しんなりさせて、豚ひき肉などの具材とあわせて包む、ダイコンの葉をたっぷり使ったギョーザ。

ダイコンの葉を使ったレシピは、このほかにも、おにぎりやナムルなど、7,000を超えるアイデアレシピが登場している。