平成最後の“日本一かわいい”女子中学生は?グランプリに北海道出身の中学2年生

  • 3000人の応募から“日本一かわいい”女子中学生決定
  • ファイナリスト13人が歌や板割りなどでアピール
  • 平成最後のグランプリは北海道出身の中2生に決定!

3000人の応募から“日本一かわいい”女子中学生決定

日本一かわいい女子中学生を決めるコンテストが12月26日東京・港区で行われ、応募総数3000人の中からグランプリが決定した。

女子高生のミスコンの姉妹版として、去年から始まった“日本一かわいい女子中学生”を決める「JCミスコン2018」。

ファイナリスト13人が歌や板割りなどでアピール

今年の応募総数は約3000人で、決勝に残ったファイナリストは13人。ツイッターのアカウントのニックネームで出場した13人は、ステージで最後のアピールを行った。

自己アピールでは、歌やダンス、板割りなどを見せた“日本一かわいい女子中学生”の候補者たち。

グランプリは北海道出身の中学2年生に決定!

そして平成最後の日本一かわいい女子中学生に選ばれたのは…

司会者
エントリーナンバー1「あいるぅ」です。おめでとうございます

3000人の頂点に立ったのは、北海道出身の中学2年生「あいるぅ」こと富本愛琉さん。特技はダンスと歌だそうで、自己アピールでは自作の歌とダンスを披露していた。

あいるぅ
まさか自分がグランプリを取れるとは思わなかったので すごくうれしいです

(プライムニュース イブニング12月26日放送より)

プライムニュース イブニングの他の記事