「皆目見当がつかん…」6歳娘が希望する謎のプレゼント探しにネット上の“サンタたち”が起こした奇跡

カテゴリ:国内

  • クリスマスプレゼントは「ママには内緒」 困った母がTwitterに呼びかけ! 
  • 次々寄せられる推理に絞られていくプレゼント候補…
  • プレゼントが届いた時の娘さんのリアクションを聞いた

「ママには内緒!」 正体不明のプレゼント探しに知恵が結集!

子どもの笑顔のために、困っている人の力になりたい…

Twitter上に現れたサンタさんたちが知恵を結集し、6歳の少女の願いが叶った心温まる“クリスマスの奇跡”の話をご紹介したい。

物語は、Twitter上に公開された切実な悲鳴から始まった。

「どなたか、助けてくだされ…母にはなんのことやら皆目検討ござらん…何を探せば良いの」


12月17日にこの嘆きを投稿したのは、6歳の娘をもつmghnsos‏(@mghnsos)さん。
実は、娘さんに「サンタさんに虫のおもちゃをお願いする」と言われたものの、虫の種類やおもちゃのジャンルなどのヒントがあまりに少なく、何を買っていいかわからない、というのだ。

昆虫が大好きだという娘さんから与えられた唯一のヒントは、昆虫に関する展示や物販・ワークショップなどが行われるイベント「昆虫大学に行った際に見た」というもの。
早速「#昆虫大学」で検索した画像を見せてみるものの、「サンタさんならきっと知ってるよ、ママには内緒」と言い残し、娘さんは登校してしまったという。

困ったmghnsosさん。
実際にこのハッシュタグで画像検索してみると、虫をモチーフにした缶バッジやTシャツといったハンドメイド作品や、標本が続々出てくるものの、「おもちゃ」と呼べそうなものはなかなか見つからない…

娘さんの願いを叶えてあげたいけど手掛かりなし…そんな時に頼ったのがTwitterだった。
そして、朝8時に投稿されたこの嘆きに立ち上がったのはTwitterユーザーたち。
投稿のわずか2時間後の午前10時には、「ダンゴムシのフィギュアを昆虫大学で見た」というリプライが寄せられたのだ。

さらに、体を丸めて身を守る「マンマルコガネ」という昆虫のフィギュアの情報や、「ダンゴムシに一票!」「色違いもありますよ」などなど、Twitterのサンタさんたちの推理が始まったのだ。

ついに正体判明!

その結果、わずか3時間で「ダンゴムシのフィギュア」「マンマルコガネのフィギュア」「クマムシのぬいぐるみ」の3つまで候補を絞り込めた。 

しかし、どのおもちゃにも確信が持てない…そんな中、さらに「娘さんに絵を描いてもらっては?」という提案が挙がる。
帰宅した娘さんに「サンタさんは日本語がわからないかもしれないから、絵を描けばわかりやすいよ」とお願いしたところ…

「皆さまたくさんのアドバイスと、情報をありがとうございました!!ツイッターにはサンタがたくさんいて、感激です。この絵は多分マンマルコガネです…」

描かれていたのは、小さな目がついた丸い生き物と、「ちいさくて、あしは6本だよ」の文字。
いきなりこのかわいい絵を描かれたら戸惑ったかもしれないが、もう候補は3つに絞られている。
クマムシは足が8本、ダンゴムシは14本…これは「マンマルコガネ」で決まりだ!


呼びかけから14時間、Twitter上の知恵が結集し、見事判明した正体は「はにわや工房」さんのマンマルコガネフィギュア。

(左)「はにわや工房」のフィギュア (右)マンマルコガネ

コロンとしたフォルムと、足をぴったりと閉じた様子に確信を得たmghnsosさんは、すぐに取扱店である「うみねこ博物堂」のオンラインショップに問い合わせ、見事ゲットできたという。

特徴をばっちり捉えてる!

ユーザーからは「よかった~!」「サンタ、素晴らしい」と安堵の声があがったこの推理劇。
肝心のクリスマス当日の娘さんの反応が気になるので、mghnsosさんに聞いてみた。

待ち望んだプレゼントに…「朝から大騒ぎ!」

――一連の推理劇、まずは感想をお願いします!

ツイッターは、娘の言動などの備忘録や、情報収集として利用していました。今回、どうしたら良いのか途方にくれてボヤいてみたら、たくさんの方が手を差しのべてくださり、驚くとともに、温かい人の繋がりを感じました。


――もし正解のおもちゃが見つからなかったら、どうするつもりでいた?

準備できなかった場合は「サンタさんから連絡きて、お願いしたプレゼントはサンタさん一人でつくるのが大変なので、もしかしたらサンタさんおまかせコースになるかも。サンタさん、きっと素敵なもの持ってきてくれると思うよ。」と言って、娘が好きと言っていた違うものを準備する予定でした。


1歳からアリやダンゴムシ、イモムシの観察が好きだったという娘さん。
「イモムシが蝶や蛾になるのが不思議だったようで、昆虫の世界に興味がつきない」そうで、2歳の時には絵本代わりに「イモムシハンドブック」を読んでもらうなど、筋金入りの“昆虫ガール”だという。

お気に入りの昆虫は「マンマルコガネ、ディノポネラ(アリ)、クマムシ、ツノゼミ、ヒメマルゴキブリ」だということで…


――では、正解のプレゼントを見た娘さんは…

ソックスに、ラッピングせずそのままプレゼントを入れたので、娘は手を入れて丸いものに触れた瞬間に目を真ん丸くして「やったー!」と叫び、朝から大騒ぎでした。ベッドの上で跳ねたり倒れ込んだり、ほっぺにすりすりしたり、嬉しい感情を爆発させていました。その後、パパを起こしに行き、マンマルコガネの特徴、このおもちゃ(フィギュア)のすごいところを一生懸命説明しておりました。


この躍動感に嬉しさがつまっている…!

お気に入りの「マンマルコガネ」を見て、大はしゃぎだったという娘さん。
写真に収めようとしたものの、まったく収まりきらないこの躍動感から嬉しさが伝わってくる。


――プレゼントはその後…

マンマルコガネとダンゴムシは、「マルちゃん」「ダンちゃん」と名付けられ、一緒にレゴの家で暮らしています。いつもマルちゃんがお風呂に入っているときに、犬(ぬいぐるみ)が襲撃してきて、ダンちゃんと一緒に丸くなって事なきを得ているようです。
丸まる授業というようなこともやっていて、娘の号令で丸くなって敵の攻撃をかわす、みたいな訓練をしています。

お風呂に入る「マルちゃん」がカワイイ

――謎解きに協力してくれたユーザーの皆さんに…

リプライでアイデアいただいた方々には感謝しかありません。ご自分で撮影した昆虫大学の様子を写真で送っていただいたり、サンタさんへの手紙の書き方をアドバイスいただいたり、嬉しかったです。本当にありがとうございました。


クリスマスまであと1週間というヒヤヒヤのタイミングに繰り広げられた、サンタさんたちのファインプレー。
平成最後のクリスマスはきっとかけがえのない一日になったに違いない。