日ロ 平和条約交渉加速で一致 「2島返還」の宣言を基礎に

カテゴリ:ワールド

シンガポールを訪問中の安倍首相は14日夜、ロシアのプーチン大統領と会談し、1956年の日ソ共同宣言を基礎として、平和条約交渉を加速させることで一致した。

会談について政府関係者は、平和条約締結への新たなスタートを切ることができたと成果を強調した。

安倍首相「戦後70年以上残されてきた課題を、私とプーチン大統領の手で終止符をうつ。その強い意志を大統領と完全に共有した」

会談後、安倍首相は、平和条約締結後に歯舞と色丹の2島を引き渡すとした、1956年の日ソ共同宣言を基礎として、平和条約交渉を加速させることで一致したと述べた。

また、年明けにもロシアを訪問し、プーチン氏とあらためて会談することで合意したことも明らかにした。

(今回の合意で、領土問題は一気に進むことになるか?)

平和条約交渉は一歩前に踏み出す形になったが、領土問題の解決につながるかは不透明。

日ソ共同宣言は、2島の引き渡しについて明記しているが、日本の基本的立場である4島返還には言及していないので、今後の交渉の行方を見極める必要がある。