韓国は嘘をついている! “レーダー照射”日韓政府の落としどころ

  • 「国がおかしい」「謝罪が最低ライン」相次ぐ韓国への批判の声
  • 韓国側が否定した内容を日本政府は具体的な内容で徹底反論
  • 「韓国側は嘘をついていると言わざるを得ない」

小野寺・前防衛相も批判

12月20日、日本海のEEZ内を飛行していた海上自衛隊のP-1哨戒機が、韓国海軍の駆逐艦から、“火器管制レーダー”の照射を受けた。
25日午前10時頃、自民党本部で開かれた会合で、小野寺・前防衛相はこの件に関して批判するコメントを発表した。

小野寺・前防衛相

小野寺前防衛相:
今回の件に関しては私は、政府はもっと厳しく韓国に対して、対応すべきだと思っています。


日本の自衛隊機が韓国海軍の駆逐艦から“火器管制レーダー”を照射された問題では、小野寺・前防衛相以外にも、韓国を厳しく非難すると共に、日本政府に“より強い対応”を求める声が相次いだ。
 
自民党議員A:
韓国という国はここまでおかしくなったのか。

自民党議員B:
国としての謝罪が最低ラインだ。

自民党議員C:
国家の問題になっている。口頭でも脅しをかけてほしい。

韓国側は否定も日本側は徹底的に反論

この問題に対して、韓国国防省の報道官は“レーダーの照射”を否定し、岩屋防衛相は、具体的に反論の言葉を口にした。

岩屋防衛相

韓国国防省 イ・ジヌ副報道官:
日本哨戒機を追跡する目的で、レーダーを運用した事実はない

岩屋防衛相:
照射があったことは事実と考えております。韓国側の見解につきましては、事実関係の一部に誤認があると考えております。

韓国側の説明と日本側の反論

“レーダー照射”はしていない。カメラで撮影したのみ」と主張する韓国側の説明に対し、防衛省は「哨戒機が収集したデータを解析した結果、“火器管制レーダー”特有の電波の照射を、一定時間に継続して複数回確認している」と反論。

さらに、「日本の哨戒機が駆逐艦上空に異常接近した」とする韓国側の説明については、「法令を遵守し、駆逐艦から一定の高度・距離をとって飛行しており、低空飛行した事実はない」と否定している。

そして、日本の哨戒機からの無線に韓国の駆逐艦が応じなかったのは、「通信が微弱で、内容を認知できなかったため」としていることについては、「3つの周波数を用いて、英語で3回呼びかけた」と具体的な文言を示し、反論した。


韓国側の説明については、自民党の会合でも「嘘をついていると言わざるを得ない」との声が出ている。

また、午後2時半頃に超党派の議員が開いた、「韓国議員による竹島上陸をめぐる会合」でも、“レーザー照射”問題を踏まえ、非難が相次いだ。

新藤元総務相:
今、韓国全体が情緒で動いてしまっている。政権の運営能力はもうない。外交はもう死んだも同然


レーダー照射問題について、政府は今後、防衛当局間で協議していく方針だ。


(「プライムニュース イブニング」12月25日放送分より)

プライムニュース イブニングの他の記事